4月8日        ~ Into you ... ~

まだかすかに 朝靄かかる木々の中を駆けていく...

暗闇から目醒めた素肌は 息を吹き返してゆく...


森を抜けると 突然、目の前があけた

一面に咲くしろつめ草の中を 無邪気に裸足で駆け抜け

私の心は少女の頃に戻っていく...


裸足で踏みしめる大地の感触、緑の息吹、

大気に満ちる甘い花の香り

高鳴る胸の鼓動..


フラッシュバックしながら 秘めた本能が呼び覚まされる

私を自由な海原へと解放する


やがて理性は熱っぽさを帯びながら

淡く淡く染められてゆく...


私はまた叶わぬ甘やかな夢を見てしまう

いっそ何もかも忘れて

その甘い蜜の中へと飛び込んでしまいたい


君のいる世界は

日々目まぐるしく一新されていく、

つめたい時間の壁に覆われた、

こんな騒々しい無慈悲な現実世界ではない


崇高な神聖なる光が照らす きらめく聖域

今も君はそこに立ち続けている..


耳元でそっと 優しくささやく芯に触れ、

私は軽やかに舞い上がり

君のもとへ